互行産業株式会社

岡山のWEB作成・管理・WEBアドバイザーです

086-263-5200

男の趣味

男 kawasaki Z400FX カワサキ 2部

どうもてるです

前回はZ400FX-E1型について触れました。

少し詳細について振り返ります。

前回のブログ 男 kawasaki Z400FX カワサキ はこちらから

Z400FX-E1

1979(昭和54)4月発売

385,000-

カラー ファイヤークラッカーレッド

    メタリック クリスタル シルバー

 エボニー

フロントフェンダー クロームメッキ

フレームNo.KZ400E-000101

エンジンNo.KZ400EE000101

諸元は省略します。

今回は、E2型〜E4型について手元の資料と私の記憶を元に紹介していきます

Z400FX-E2

1979(昭和54)6月発売

398,000-

カラー ファイヤークラッカーレッド

ミッドナイトブルー

フロントフェンダー クロームメッキ

フレームNo.KZ400E-011501

エンジンNo.KZ400EE011501

諸元は省略します。

Z400FX-E1のデビューは19794月だが、そのわずか2ヶ月後にカラーリングが変更され販売されたのがE2型です。

タンク側面に縁取りのストライプが入ったのが特徴です。

また、ヘッドライト下に[kawasaki]のエンブレムが追加された。

パーツリストではフロントフォークカバーとなってます。

部品番号44033-1053(既に廃盤)その為かどうかわかりませんが、販売価格は15,000円値上げが入り398,000に。

当時、KH400310,000で人気を二分していたGS400E340,000だったことを考えると、Z400FXは決して安い価格設定ではなかったが、それでも飛ぶように売れ年間登録台数ではGS400Eをわずかに抑えてトップに輝く。この時代には消費税も無かったですし、今のZ400FXの市場価格を考えるとめちゃくちゃ安く感じますね。

エンジンスペックや基本構成に変更なし

 

Z400FX-E3

1980(昭和55)10月発売

405,000-

カラー エボニー

   ムーンダスト シルバー

フロントフェンダー クロームメッキ

フレームNo.KZ400E-025701

エンジンNo.KZ400EE028001

諸元は省略します。


IMG_0591

2012_0331nec0002

Z400FX-E3型 エボニーカラー

タンクの縁取りストライプのデザインを止め、代わりに2本の太くたくましいラインが入ったのがE3型です。輸出専用だったZ550FXのフロントブレーキダブルディスクをZ400FXに移植する改造が一部マニアの間で流行りだしたのもこの頃で、Z400FXが最も輝いていた時期でした。因みに私のZ400FX-E3もフロントブレーキをダブルディスクに改造してます。

年間登録台数は2年連続でトップの座をキープしている。

E2型からの見た目だけでわかる変更点は、ヘルメットホルダーの新設とサイドリフレクター(フレームに付いた反射板)の廃止とタンクとサイドカバーのエンブレムがゴールド色に変更。このサイドカバーエンブレムがメーカー在庫欠品で新品部品がオークションでトンでもない価格で取引されています。レストア時にエンブレムはどうしても必要だしエンブレムがキレイでないとバイクがパリッと仕上らないですよね。

Z400FX-E4

1981(昭和56)8月発売

43,5000-

カラー ルミナスガンブルー

    ギャラクシー シルバー

    E4A GP Special カラー(500台限定車)

    E4Bカラー

フロントフェンダー タンクと同色

フレームNo.KZ400E-037001

エンジンNo.KZ400EE048001

諸元は省略します。

ヤマハXJ400、スズキGSX400Fといった4気筒勢の追随に対処すべく、19818月に大幅な変更を受けた4型を発売。エンジンは、カタログスペックこそ変わらないものの、排気系の見直しとフルトランジスタ点火の採用により、パワーの安定化と信頼性を向上。車体関係では、ホイールベースを10mm延長して、高速走行時の安定化を図ると共に、フロントフォークがセミエアサス、リアにはアジャスタブルサスペンションを採用するなど、フットワークに更に磨きをかけた。

アジャスタブルサスペンション:サスペンション機能でショックアブソーバーの減衰力を複数の段階で調節出来るサスペンションのことをいう。Z400FX-E4型は5段階調整だったようだ。

外観にも大きく変更点が見られます。わかる範囲で紹介しますと 、

ハザードスイッチの追加

メーター照明が緑色から橙色に変更

(メーターの縁に緑色のリングが入っていたのが、E4型からそれがなくなって橙色に )

マフラーのエンド部分が絞込みのないメガホンタイプに変更

ポジション、ディメンション、ライト、ハンドルも変更

グラブバーが標準装備に変更(E1型?E3型でオプション扱い)

ホイールはチューブレスタイヤ対応に変更

ステップの取り付け部分が、E1型?E3型は溶接だった物に対してアルミのプレート式に変更?

Z400FX-E4A GP Special(Limited 500)

1982(昭和57)1月発売

470,000-

E4をベースにホイール、シリンダー、アウターチューブ、リアサスのスプリングが赤色に塗られ、確かマフラーとポイントカバー、ジェネレーターカバー、キャブ本体が黒色だったと思います。特別カラーを施した限定車のE4A Limited500台限定で発売した。今現在の市場価格は物が良ければ軽く100万円を超える価格だと思います。

Z400FX-E4B

1982(昭和57)12月発売

43,5000-

フレームNo.KZ400E-04

その後、後継車であるZ400GP1982(昭和57)3月に発売になったがZ400FXの再販を望む声があまりにも多かった為、同年の12月にカラーリングを変更したE4Bがリバイバルモデルとして発売された。

サイドカバーのエンブレムが一体型に変更になってます。

個人的にはE3型からのサイドカバーエンブレムが凄く気に入ってます。

E4Bはもう少しエンブレムのデザインにひねりがあっても良かった気がして残念な感じです。

Z400FX-E4B 復刻エンブレムの紹介

因みに1982(昭和57)3月に発売されたZ400GPは¥47,8000-でした。

前回のブログ 男 kawasaki Z400FX カワサキ はこちらから

次回は、私が所有してますZ400FX-E3型へのこだわりと詳細説明をします

 こちらから →?男 kawasaki Z400FX カワサキ3部

BEETのパーツについてのブログはこちらから

↓↓

男 kawasaki Z400FX カワサキ4部

男 kawasaki Z400FX カワサキ5部



ページトップへ戻る

人気ブログ TOP5

  • 男 kawasaki Z400FX カワサキ 2部

    2014.05.13 00:01

    意外と知らない、正しい収入印紙の消印の方法

    2014.05.13 00:01

  • 男 kawasaki Z400FX カワサキ 2部

    2013.09.07 09:00

    福山の占い「洗心館」22歳占い再び!!

    2013.09.07 09:00

  • 男 kawasaki Z400FX カワサキ 2部

    2013.07.10 20:00

    男 kawasaki Z400FX カワサキ 5部

    2013.07.10 20:00

  • 男 kawasaki Z400FX カワサキ 2部

    2013.06.22 09:00

    男 kawasaki Z400FX カワサキ 3部

    2013.06.22 09:00

  • 男 kawasaki Z400FX カワサキ 2部

    2013.06.17 09:00

    男 kawasaki Z400FX カワサキ 2部

    2013.06.17 09:00

アーカイブ