互行産業株式会社

岡山のWEB作成・管理・WEBアドバイザーです

086-263-5200
SEOとは

Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティミゼーション)の略をSEOといいます。
日本語で表すと検索エンジン最適化ということです。
要するに、Google、yahoo!の検索エンジンの検索結果で上位ページに表示されるために工夫することです。

SEOの範囲

赤線で囲んでいる部分が検索結果です。この部分で上位表示を狙います。

なぜSEOが重要なの?
その1

ユーザーの約8割が検索エンジンを使ってホームページを探します。

参照元:Yahoo!インターネットアンケート結果

ユーザーの8割が検索エンジンを使ってホームページを探しています。



その2

ユーザーのだいたいは、検索ページの1?2ページ(1位?20位)ほどしか見ないと言われています。※設定が1ページ10位までの場合

結果

検索エンジンで上位に出てこない。

?

ホームページが見つけにくい。

?

宣伝・集客目的なのに無駄なサイトになってしまう可能性が高くなってしまいます。

?

SEOで検索順位を上げ、

一人でも多くの人にホームページを

見てもらうことがホームページにとって重要なことです。

どうやって検索順位をあげるの?

ほんの一部をご紹介

W3CとGoogleが推奨するソースの書き方でソースを組みます。

見た目が変わらない2つのサイト

たとえば
見た目が同じ2つのサイトがあるとします。どちらを選びますか?

見た目が同じだと選びようがないですよね。

?
しかし

?

見た目部分以外に違う部分があります。

ここでの違いをお見せします。

以下の図をご覧ください。

比較対象

これらの図はホームページ内部構造を示したものです。

適正なソースで組まれたA、不適切なソースで組まれたB

この2つのソースの違いとはなんでしょうか?

適正なソースとは?

検索ロボット【search robot】(クローラ)の
機嫌がよくなるようなソースです。

検索ロボットの機嫌とは

検索ロボットはホームページを巡回しながらチェックをしています。

googleやyahooが定めたルールを破ったり、推奨しているものを無視したり、
制作時間を短縮するために手を抜いたホームページ
(お客様から見たホームページの見た目は一緒です)を
ロボットが見てyahooやgoogleに報告をしていると言われています。

?

当然、ロボットの機嫌をとうように、真面目なホームページづくりを行います。

比較対象02

整頓されていて読みやすいソース
内部がスカスカで何を伝えたいのかわからないサイト

 

 

このように、中身が読みづらいサイトはロボットの機嫌が悪くなります。

?

いいサイトだと評価が上がりすくなります。

?

検索順位が上がりづらくなるだけではなく、
逆に順位が下がる可能性が高くなってきます。

怒った顔になるとダメ

 

値段が高くてもロボットをご機嫌にさせる綺麗なソースで作られた
ホームページの方がアクセスも上がりやすくなります。

サイト内のリンクを分析(サイト内のリンクが適正でないとロボットが道に迷います)

全てのページにリンクがつながってないと検索ロボットが巡回できないので、
ページが発見できなくなるのでホームページ自体の価値が下がります。

例えば

100ページあるページがリンクをされていなかったとたら、
2ページまでしか認識されず、薄っぺらいホームページに認識され
順位があがらなくなってしまう可能性が高まります。

なので

下の図のようにリンクを正しく繋げて上げることが重要です。

リンクの手順

リンクが適正につながっていることで、ロボットがどこにでも出動可能なためロボットはゴキゲンです!!
リンクが不適正だと、途中でロボットが迷ってしまい
フキゲンになり途中で帰ってしまいます。
?
?

 

ロボットの機嫌に伴い、検索順位が上がる可能性が見えてきます。

?
ごあいさつ